コンセプト

ペットブームの裏で、日本ではまだまだ不幸な猫達が沢山います。減少はしているものの、平成28年度の殺処分数は5万5998匹(犬:1万424匹、猫:4万5574匹)。SNSでは可愛い猫達の姿が持てはやされる一方、家族のいない不幸な動物達の姿もそれ以上に沢山見受けられます。

 

飼い猫でも野良猫でも地域猫でも、みんな生きる権利を持つ大切な命。「1匹でも多くの命を救いたい」「1匹でも多くの猫に幸せに暮らして欲しい」「1匹でも多くの猫に家族を見つけてあげたい」・・・それを目的に2014年11月に開業した里親募集型猫カフェ「カフェ ブラン」は多くの方々に支えられ4年目を迎えました。

 

「動物愛護」と言っても、考え方ややり方は人それぞれです。2020年の東京オリンピックに向け「殺処分ゼロ」を目標に頑張っている人は沢山います。もちろん、殺されてしまう命が無くなる事は素晴らしい事ですが、私個人は「1匹でも多くの猫に幸せに暮らしてもらう事」、「猫達のQOL(Quality of Life)を高める事」に重きを置いています。エサと水さえあれば猫は生きていられます。でも、命が助かったからと言ってそんな状態で幸せと言えるでしょうか? 生きているからには十分な食べ物と水、安心して暮らせる清潔な環境、自由に動けるスペース、寒さに震えず眠れる場所、そして飼い猫にとって必要なのは人間の愛情、そして最後まで一緒に過ごせる家族が不可欠です。命を預かる以上、刹那に生きる猫達の一日一日が幸せであるように、そしてその子が一生安心して暮らせるご家族の元へ送り出してあげるのが役目だと思っています。

 

また、当店は私(店主)一人で運営している為、猫部屋のお客様一人一人に目が行き届きません。猫部屋を利用されるお客様には自己責任で過ごしていただいておりますので入場は15歳以上の方に限らせていただいております。ブランの猫達は全て動物愛護のボランティア団体「ちばわん」の保護猫達で、私は預かりボランティアとして猫達をお預かりしています。ブランはお客様に猫達と遊んでいただく場であると同時に猫達が家族と出会う場でもあり、飼い猫として人間との生活に慣れるリハビリの場でもあります。大事な預かり猫達が安心して人間に甘える甘えん坊になるように、ご協力いただければ幸いです。

 

里親募集型の猫カフェではありますが、猫を家族として迎えたい方はもちろん、猫が飼えないけど一緒に遊びたい方、猫達の愛らしい姿を見ていたいだけの方も大歓迎です。 美味しいコーヒーや様々な種類の紅茶やハーブティー、スィーツ等をご用意しています。カフェスペースと猫部屋は完全分離していますので、カフェのみでもご利用いただけます。テラス席は、わんちゃん連れもOK。どの席からもガラス越しに猫部屋で過ごす猫達の姿をご覧いただきながらお食事していただけます。猫と遊んだり、お食事をしていただくだけで、楽しく保護猫の支援ができます。

 

猫達が幸せそうにしているからこそ、人間はその姿に癒されます。可愛い猫達に癒されながら普段の忙しい日常を忘れ、「カフェ ブラン」でくつろぎのひと時を過ごしにいらして下さい。